総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  産業・まちづくり  >  ふるさと納税の手続き方法
ホーム  >  分類から探す  >  産業・まちづくり  >  ふるさと寄附金  >  ふるさと納税の手続き方法
ホーム  >  分類から探す  >  産業・まちづくり  >  ふるさと寄附金  >  手続き方法  >  ふるさと納税の手続き方法

ふるさと納税の手続き方法

 ふるさと納税は津奈木町にお住まいの人(お礼品はありません。)や町外にお住まいの人でも、どなたでも、どこからでも、何度でも、お申し込みいただけます。

  

本町に直接寄附する場合

 2階の政策企画課で受け付けています。
 遠方の方には届出書等をこちらからお送りしますので、下記問い合わせ先までご連絡をお願いします。

 

ポータルサイトを通して寄付をする場合

 〇「さとふる」はこちらから新しいウインドウで(外部リンク)

 〇「ふるさとチョイス」はこちらから(2020年6月1日から開設予定)新しいウインドウで(外部リンク)


ワンストップ制度を利用する場合

 ふるさと納税ワンストップ特例制度は、確定申告をする必要のない給与所得者等が以下の条件を満たす場合に、確定申告(または市区町村への住民税申告)をすることなしに、ふるさと納税(寄附)による寄附金控除が受けられる特例制度です。

  詳しくはさとふる「ふるさと納税ワンストップ特例制度について」(外部リンク)をご確認ください。

 

条件

次の条件に全て当てはまる人

(1)寄附金控除を受けなければ、確定申告(または市区町村への住民税申告)が必要ない給与所得者など
(2)1年間の寄附先団体が5団体以内

 ワンストップ特例制度の対象ではない人、ワンストップ特例を申請しない人は、控除を受けるために確定申告を行う必要があります。

確定申告を行った場合、確定申告を行った年の所得税と翌年度分の住民税のそれぞれから控除されます。

 

 

申請

寄附のたびに申請が必要です。

ワンストップ特例制度を利用する場合は、特例申請書を『津奈木町役場政策企画課』へ提出する必要があります。
ワンストップ特例制度が適用される場合は、所得税からの控除は行われず、控除額全額が翌年度分の住民税から控除されます。

※本町では申請書を受け付けた場合に受付書の返送をしております。

 特例申請書を送付した方で1カ月以内に受付書が届かなかった場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

 


必要書類

(1)寄附金税額控除にかかる申告特例申請書

(2)個人番号(マイナンバー)と申請者本人を確認できる書類

【提出例】

例1)「申請書」+「個人番号カードのコピー」(表・裏両面)

例2)「申請書」+「通知カードのコピー」+「運転免許証などの顔写真付き身分証明書のコピーを1種類」

例3)「申請書」+「通知カードのコピー」+「保険証、年金手帳などの写真なし身分証明書のコピーを2種類」


 

特例申請書ダウンロード

ワンストップ特例制度を利用する場合は、以下の様式をダウンロードしていただき、郵送で申請をしてください。

 

申請内容に変更がある場合は、以下の変更届出書を寄附した年の翌年の1月10日までに提出してください。

  •  

    提出先

  • 住所:〒869-5692 熊本県葦北郡津奈木町大字小津奈木2123番地
  • 津奈木町役場 政策企画課 ふるさと納税担当
  • までご提出ください。
このページに関する
お問い合わせは
政策企画課 政策企画班
〒869-5692
熊本県葦北郡津奈木町大字小津奈木2123番地
電話:0966-78-3114
ファックス:0966-78-3116
(ID:967)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
津奈木町役場   〒869-5692  熊本県葦北郡津奈木町大字小津奈木2123番地   Tel:0966-78-3111
CopyRights 2015 town tsunagi Allrights Reserved.