総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  産業・まちづくり  >  ~新型コロナウイルス感染症の影響を受ける皆様へ~ 国県町制度情報をまとめました!

~新型コロナウイルス感染症の影響を受ける皆様へ~ 国県町制度情報をまとめました!

 

持続化給付金の申請サポート会場(水俣会場)が開設されます!(5月18日更新)

持続化給付金の申請は、本ホームページからの電子申請を基本としております。

電子申請の方法がわからない方、できない方に限定して申請サポート会場にて補助員が電子申請の入力サポートを行います。

(1)事前予約が必要です

(2)申請補助シートをご持参ください。

必要書類ダウンロードはこちらまで新しいウインドウで(外部リンク)

 

※申請時に提出が必要な書類を必ずご持参ください。
※申請会場にはコピー機がありません。また、USBメモリなどでデータを受取ることもできませんので、紙の出力又は紙にコピーしたものをご持参ください。
※必要な書類は「中小法人等」と「個人事業者等」で異なりますのでご注意ください。
※当日はコロナ対策のため、ボールペン等の筆記用具をお持ちください。

 

 

水俣会場 5月22日(金曜日)~新しいウインドウで(外部リンク)

場所:〒867-0042

熊本県 水俣市 大園町1-11-5
水俣商工会議所2F

※休業日がありますので随時ご確認ください。

 

持続化給付金の申請受付が始まりました!(5月8日更新)

感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える、給付金を支給します。
農業、漁業、製造業、飲食業、小売業、作家・俳優業など幅広い業種で、事業収入(売上)を得ている法人・個人の方が対象となりますので、本制度の活用をご検討ください。

 

 

対象者

1.新型コロナウイルス感染症の影響により、ひと月の売上が前年同月比(※1)で50%以上減少している

  • 2.2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思がある
  • 3.資本金の額もしくは、出資の総額が10億円未満の法人(※2)
  • ※2020年1月~2020年12月の間で、事業収入が前年同月比の50%以上減少した月のうち、ひと月を任意で選んで申請します。(申請する月は、対象月にすることができません)
  •  

  • ※2:要件の定めがない場合は、「常時使用する従業員の数が2000人以下」という要件が適用されます

  • 2019年に創業した場合や、売上が一定期間に偏在している場合など、事業の状況・内容に応じた特例も設けられています。通常の申請要件を満たしていない場合でも、特例を受けることができる可能性があるので、詳しくは経済産業省が公開している申請要領などをチェックしましょう。

  •  

    給付金額

    ・中小法人の場合  上限200万円

  • ・個人事業者の場合 上限100万円

  •  

    申請

    持続化給付金申請特設ページ新しいウインドウで(外部リンク)

  •  
  •  

    その他事業者支援

    熊本県の休業要請や支援に関する情報

  • 熊本県HP新しいウインドウで(外部リンク)

  • 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者の皆さまへ各種支援情報を掲載します。 

  • 経済産業省の支援策新しいウインドウで(外部リンク)

  • このページに関する
    お問い合わせは
    政策企画課 政策企画班
    〒869-5692
    熊本県葦北郡津奈木町大字小津奈木2123番地
    電話:0966-78-3114
    ファックス:0966-78-3116
    (ID:2742)
    アドビリーダーダウンロードボタン
    新しいウィンドウで表示
    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
    津奈木町役場   〒869-5692  熊本県葦北郡津奈木町大字小津奈木2123番地   Tel:0966-78-3111
    CopyRights 2015 town tsunagi Allrights Reserved.